リバウンド防止に!効果のある食事と運動方法

MENU

リバウンドを防止する方法

リバウンド防止,食事,レタス,納豆,やり方

ダイエットの後にリバウンドをするのを防止するためには、計画の段階でリバウンド防止を

 

視野にいれておくことです。

 

減量ををめざす体重にまですれば終わるというものではないのが

 

ダイエットというものです。

 

リバウンド防止にとって基本となるのは、長期間にわたって減量した体重を保持することです。

 

まったく意味がないのは、目標の体重になったらダイエットを終了させてしまうことです。

 

ダイエットをするときに不可欠なのは、目標の体重をキープできるということです。

食事を減らす方法や運動量を工夫しすることで、長く続けることができるダイエットのための食事制限や運動をすることができるでしょう。

 

設定より運動量を多くしたり、その設定よりも食事の量減らすことが、はじめに体重を減少させるためには必要です。

 

食事量、運動量は目標体重を達成したら続けなければならないのは、その体重を保持するためのものです。

 

体重はそれができなければリバウンドし、ダイエット前の状態になってしまうのです。

 

ときどき大きな反動で、リバウンドによってダイエット前よりも多い体重になってしまう人もいるでしょう。

 

ダイエットの計画を立てるときにリバウンドを防止するためにも、はじめからリバウンドをしないものにしておくことをおすすめします。

 

リバウンド防止をするためにも目標体重をキープできる生活習慣を続けることができなければ、体重を上手に減少させても意味がなくなってしまうでしょう。


リバウンド防止に役立つ食事

ダイエットの後のリバウンドを防止するためには、どんなダイエットをしたら良いのでしょう。

 

ダイエットのときに激しい食事制限をすると、リバウンドを起こしやすくなってしまいます。

 

カロリー摂取量をいきなり減少させると、脂肪がたまりやすくなるのは、体が飢餓状態なってしまうからです。

 

食事をダイエット中にどのような方法で摂るかということが、ダイエットでリバウンドを防ぐためのポイントです。

 

一番リバウンド防止にとって大事なのは、体重をいきなり減少させないことです。

 

あまりカロリー制限はしすぎないように、軽めに行うようにするのがおすすめです。

 

一日の中でバランスを取れば良いので、昼にたくさん食べたら夜は少しにしたり、夜に飲み会の予定があるときの昼食は軽めにすませるなどを心がけると良いでしょう。

 

食事制限をやり続けましょう。体重を落とすということは、つまりは摂取カロリーを消費カロリーより少なくすることなのです。

 

リバウンド防止にとって大事なのは、同じ摂取カロリーと消費カロリーにすることです。

ダイエットを食事制限によって行うと、消費カロリーも代謝が落ちて少なくなってしまいます。

 

消費カロリーの量が少なくなった分に合わせて食事をするように気を付ければ、リバウンドを防ぐことはできます。

 

食事制限で大変なものは続けることは不可能です。

 

リバウンド防止に効果的なのは、よく噛んで食べたり、ゆっくり食べるなどで満腹中枢を刺激することで、食事が少なめでも平気になります。

リバウンド防止になる運動

ダイエットの後のリバウンドを防止するためには、運動をしながらダイエットをするのがおすすめです。

 

いきなり体重を少なくすると代謝も鈍くなってしまうことによって、リバウンドが起こります。

 

筋肉量を増加させることが、代謝をアップさせるためには重要です。

 

1週間に2、3回でもダンベル体操やジョギングなどをすれば良いので、筋肉をつけるための運動は毎日する必要はありません。

 

過激な食事制限や厳しい運動で体重を急に減少させた時ほど、もっと起きやすくなるのがリバウンドです。

 

代謝が低下しにくくなり、リバウンド防止になりますので、1カ月に1、2㎏のペースで少しずつ体重を減らすようにするのがおすすめです。

 

活発な基礎代謝を維持するためには、運動で筋肉をつけなければなりません。

人が生きていくために費やすカロリーである基礎代謝は、体温を保ったり、内臓機能のためものです。

 

動かなくても、基礎代謝のアップした体になれば、カロリーは消費されていきますし、リバウンド防止にも有効だといえるでしょう。

 

実際にダイエットをする時に気を付けたいのは、ただ体重を減らすのではなく、基礎代謝を活発にすることです。

 

効果的にリバウンド防止をすることができるので、基礎代謝を上げる筋トレや、基礎代謝を良くする食事などを心がけるようにしましょう。

 

筋トレなどの代謝をアップする運動を組み込んでリバウンド防止をしながらダイエットをするのが一番おすすめです。

リバウンド防止の食事:レタス・納豆を活かしたやり方

リバウンド防止,食事,レタス,納豆,やり方

肥満や成人病の脅威に関する啓蒙が進み、今日では欧米式の肉中心の食事より
伝統的な和食の方が優れているという認識が浸透しています。

 

野菜・魚・穀物を中心とした食事は、栄養としても優れています。
身体への負担が少ない上に健康状態を良好に保つことができると考えられています。

 

ダイエットを行なう際にも、和食が中心となっていればリバウンド防止にもなります。
もともと野菜を多く摂っていれば食事の分量も少なくてすむはずなのです。
それは食物繊維の働きにより、長時間にわたって満腹感が得られるというメリットです。

 

納豆にレタスを合わせて取る方法

このメリットを生かすのに、納豆とレタスの組合わせは良好です。

 

  • 食事の最初にレタスを4枚ほど食べてしまいます。
  •  

    新鮮なレタスは水溶性食物繊維とビタミンを豊富に含んでおり、しかも栄養度が高いので最初に食べる野菜としては好適です。

     

  • 続いてご飯(お米・玄米)と一緒に納豆を食べます。
  •  

    納豆には不溶性食物繊維と植物性タンパク質が豊富に含まれていて、ことタンパク質については肉を食べるのと同等のメリットがあります。

     

    このメニューに加えて適宜副食を用意すれば非常に有望なベースとなります。


    運動と食事の糖質制限で健康的に痩せてリバウンド防止

    リバウンド防止,食事,レタス,納豆,やり方

    ダイエットに失敗はつきものです。その代表的なものとしてリバウンドがあります。

     

    リバウンドとは、ダイエット後にドカ食いに走ってしまってダイエット前よりも太ってしまうというものです。食べたいものが食べられないというダイエット中のストレスや摂取カロリーを控えていたことによる代謝の低下などが主な原因となります。
    ですので、リバウンド防止のためには健康的に無理なく痩せることができるダイエットを行うのが重要になります。

     

    そこでおすすめなのが、食事の糖質制限と運動です。糖質は高カロリーでエネルギーになりやすい栄養素なので、制限してカロリーコントロールすることで効率的に痩せることができます。甘いものや炭水化物を控えたり、食物繊維を食事に積極的に取り入れて糖質の吸収を抑えたりすることで糖質制限をすることができます。

     

    血糖値の急激な上昇を抑えるお茶サプリなどを摂取するのもおすすめです。
    血糖値は食後30分が最も高くなりますので、そのタイミングを狙って運動をすると効果的に血糖値を下げることができます。運動をすることで代謝の低下を防ぐことができ、リバウンド防止にも役立ちます。

    食事や運動制限のダイエット後のリバウンド防止のために、スープダイエット

    リバウンド防止,食事,レタス,納豆,やり方

    せっかくダイエットに成功したのに元の生活に戻った途端に体重が増加してしまうことがあります。

     

    今までの食事制限や運動を極端にやめてしまうとリバウンドしやすくなりますので、減量達成後も体に気を使った生活を心がけるようにしましょう。

     

    リバウンド防止のために続けたいのが「スープダイエット」です。
    スープは具だくさんなものを作ればたくさん野菜を補えますし、身体が芯から温まります。忙しい朝は朝食を抜いてしまう方でもスープを作り置きさえしておけばすぐに食べることができて重宝します。

     

    スープはカロリーが低めでボリュームがあるので、食事をする際は最初に食べるようにすることが効果的です。

     

    空腹時にスープでお腹をある程度満たすと太る原因になりやすい主食を控えめで済ませることができます。色々なスープのレパートリーを増やして毎日飽きずに取り入れるようにしましょう。

    ただしスープを作る際は塩分を摂り過ぎないように薄味にして下さい。

    [リバウンド防止に効果のある食事と運動方法]関連情報